フラリーマンのグルメ記(中河白龍):つけ麺「一頂」(船橋市)

フラリーマンのグルメ記(中河白龍):つけ麺「一頂」(船橋市)

久しぶりに千葉県にプチ出張したので、ちょっと早めにランチタイムに突入。
今日はJR船橋駅徒歩すぐの「つけ麺・一頂」へ。
駅からすぐなんだけど、道路を渡らなくちゃいけないのが、気持ち面倒です。

▲まだ新しい感じの外観です。

名前の通り、つけ麺がメインのお店。店頭に「浅草 開花楼」の文字。ここの製麺所の麺を使っているのがウリの一つのようですね。

店内に入り、券売機で「つけ麺」をポチり。濃厚つけ麺、エビつけ麺、ニンニクつけ麺等にも惹かれるんですけど、初挑戦なので最もスタンダードっぽいものを頼みました。
税込820円也。
カウンターのみの座席構成、「空いている席にどうぞ」と促され着席すると「麺の量はどうしますか?」と。

並(200g)、中(250g)、大(300g)、特大(350g)から好きな量を選べるとのこと。ちなみに、以降50g刻みで1kgまでは追加料金無しだそうです。
で、大を頼んでレッツチャレンジ!

▲見た目はシンプル。つけ麺(大)820円。

見た目はごくごくシンプルな、オーソドックスな印象。麺300gもそれ程多いようには見えないです。

▲黄色味がかった太麺。ツルツルシコシコ感あります。

ウリの「開花楼」の麺ということで、店内のPOPでも勧められているように、まずは麺だけで一口。
うーん、わかりません。はい。
私は美食家でも何でもないので、微妙な味の違いなんてわからないです。
でも、麺だけでも美味しいですよ。

▲同店の基本となるスープのようで、柔なか甘味を感じる優等生。

スープにはメンマ少々、柵ギリされたチャーシューが少々。刻みネギと海苔一枚。スタンダード、シンプル、ベーシック、まさに飾り気も何もない、クセも何もない装い。
味も特に際立った特徴の無い、でも全てにおいて合格点がつけられるような、とても優等生的な味。ただ、ほんのり甘みが感じられるのが特徴なのかも。魚介系が主張しすぎず、脂ぎらず、香辛系がでしゃばらず。
美味しいですね、単純に「美味しい」です。

甘みが感じられるスープと麺の相性はいい感じ。300gの麺もあっという間になくなっていきます。麺を多めに頼むと、段々飽きてしまうこともあるのがつけ麺ですが、このつけ麺は味が薄くなるとか飽きるとかそんなことは無いですね。
美味しいです。
カウンターにはニンニク酢と梨酢なるものが用意されていて、「おー、ふなっしーの船橋の梨!」ということで、梨酢で味変。スープの甘みにフルーティーな酸味が加わり、これは気に入りました。オフィスに戻らなくてはならないので、ニンニク酢は控えましたが、これも試してみたいです。

初訪問の「つけ麺・一頂」でしたが、また食べてみたいなと思える味でした。何か際立っているわけでは無いのだけど、とにかくバランスが良い味。
麺もウリにするだけあって美味しく、300gでも飽きずに食べられます。
値段と味と麺の量と、トータルで判断すると結構リーズナブルでしょう。
甘味を感じるベーシックなスープ、これを基本に濃厚、エビ、ニンニクなどのバリエーションがあるので、試してみたいですね。

いやあ、満足でした。

fun&hobbyカテゴリの最新記事